忍者ブログ

めかポリス

パタポンの神様の一人、セノンが思いっきり神様視点で綴る気紛れ日記。  擬人化、ネタバレ等も平気でかくので閲覧には注意して下さい。

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログ内検索

カウンター

最新CM

[01/19 ぴこポン]
[01/19 ゆめ]
[01/15 ぴこポン]
[01/13 ゆめ]
[01/13 ぴこポン]

プロフィール

HN:
セノン
性別:
女性
自己紹介:
 iPodは常備の音楽大好き野郎。
イラストは無駄に擬人化が多い。
擬人化を始めたのはメテオスがきっかけ。とりあえず大学生。
描いては消しているので消しゴムのカスの量は誰にも負けないらしい。
SFやら機械が大好き。
故にろぼポン大好き。

 基本的に攻撃防御回復補助何でも御座れ。ただしミスもする。神様だって間違いはあるさ。

[16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

× ×× ××【これこそが奇跡なのだよ!】

すみません、何かパソコンがネットにつながらない状態になってしまい、
やっと今日復旧しました…orzその間にも僕はポンを遠慮なく進めていましたよ。
というわけで、昨日ポン2をクリアー♪わーい。ああ、やっぱり3に続きそうな雰囲気。

太古の昔、ヒーローは卵を割り、マスクの力と引き換えに記憶を失った…という過去が…orz
オーメンに唆されて世界破滅の卵を割り、そのせいで世界がバラバラになり、
エンディングで記憶を取り戻したヒーローが、世界を元に戻そうという…
卵、マルチ用の遊び道具みたいな感じで使ってましたが、こんな深い意味があったのか…
ポンの神様(つまりプレイヤー)が小さな神(大きなカミっていましたよね?そのようなもんです)
とか、カーメンとパタポンはずっと前(先祖の時代)から敵対していたとか、
オーメンが悪魔を呼んでいたとか、やっぱり冥界もジャンジャカ絡んできて嬉しかったです。


で、よくよく考えると泣ける過去が今までにあって、それがオーメン戦でどんどん明らかになる
っていう仕様が楽しかったです。だってこれ、進め方上メデンの台詞とか
途中の敵味方の台詞でしか状況を伝えられないじゃないですか。それなのにこんなにも…
例えば、ダークヒーローの事。誰も言っていないのに、誰も触れなかったのに(泣)
「あいトン…?俺は…?」の台詞だけで【実はさそりトン(まこトン)だった】という事実が
ひしひしと伝わってくるんですよ。ああいうのも逆に泣けて良いですね…

僕が手間取ったのは、「超希望への放物線」とデッタンカーメン…だっけ…との戦いです。
それ以外は楽勝です。超希望の編成は最終的にヒーローたて、きば、めが、とり
で行った気がします。その時は案外楽に勝てましたね。ヒーローたてにムテッペキをやらせ続け、
投石器を守る為に追い風を良いタイミングで起こし続け、モギュで固めためがと
飛んでいるのであまり攻撃をうけないとりで城を攻撃、雑魚共はきばに任せると。
風に乗った音弾って超強いですね…来た敵を一気に全滅させましたよ。また来るんだけどね。
HPが低くなったもんであまり使ってなかったんですが、やっぱり強いねめがー♪
「パタポンきっての美男子として生まれ、演奏に魂を捧げた存在」(*ノノ)

三神将の方々は全員楽に行けました。くもトンくわがっトンさそりトンと同じような位置づけで、
すっごくキャラが濃いです。楽しいです。
ノーメンは熱血、キーメンは敵には冷徹味方には…みたいな感じで、フックメンは
丁寧口調の腹黒さん で良いのかな?(にっこり/やめて
うわあ擬人化熱がががが。

デッタンカーメン戦ではヒーローとり、とり、めが、まほで行きました。
即死攻撃や引っ掻きに注意しつつ、ヒーローモードを維持してやっと勝てました。
ゴルルと比べるとこれはちょっと面倒でしたね。逃げるタイミングとか。
引っ掻きの発動が早いのなんの。瞬間移動してきたその瞬間にポンパタを打ち始めないと
モギュめがはかわしきれません。相手が大きく距離を取り始めたら瞬間移動→引っ掻きの合図。
なのでフィーバー切って良いタイミングでポンパタさせます。これがドキドキするし
気持ち良いしでボス戦はやめられません!まほにはずっとチェインライトニングやってもらった。
結局最後はヒーローとモギュめが一匹になってしまいましたが、グルンハブーン連発で
勝てました。シュババッサって便利(一日中パラゲトやった日があって…;それで入手☆)
ああ、初めて英雄というものに感謝した気がします…有難うヒーロー!
とりはフィーバー中なら引っ掻き以外の攻撃は当たりません。低空飛行中だと当たるので注意!
あと、人型状態の即死攻撃ですが、きばやろぼ等で超接近していれば掴まりません。
掴み範囲は結構デッタンカーメンから離れてる所なので、ろぼならいけるかもしれません。
冥界の存在という事でゴルルと使っている色とか形?は似ていましたね。
音楽も…何か恐いし…!ゴルル戦みたいに元気混じりな曲でないので緊迫感があって
始終通してドキドキしながら戦ってました。即死攻撃に掴まったらもう「あっ…」ってorz


気になったこと。

私的だけどくわがっトンやくもトンと、くわがっタンやくもタン(名前だけ登場)は別人なのかな?
くもタンはパタポンと一戦交えるのを嫌がっていたそうなんですが、
くもトンは下の記事にもあるように散々な目に合わされていますから、
同一人物でもおかしくはないんですよね…さそりトンもダークヒーローになったりで。
でも冥界サイドのキャラは好きです。キャラが濃いと愛せるじゃないですか。

始まりの爆心地の所の、世界の破片とかあるじゃないですか。それが何を意味するのか。
ポンの世界と冥界が別に存在するのと関係あるのか。ヒーローもそれを元に戻す事を
使命にしているようですが…うーん、これは3に期待していいんでしょうか。

大きな神と小さな神…これもちょっと明かして欲しいですね。ゴーンは多分大きな神の
力をうけて復活したんだと予想してますが。「大きな神は、ジゴトン達に未来のパタポン達を
世界の果てに行くのを阻止するという名目で匿わせた。」
「それを知ったゴーンがパタポン達に協力した。」「【パタポン達が動く時災いが世界を滅ぼす】
というのは、パタポンの力ではなく、パタポンが動く事で冥界の力も動いてしまうから、
という意味合いがある。」…など、すっごく妄想を膨らませているのですが…
カーメンは神の一人(=小さな神=プレイヤー)がパタポンだけを愛でた事に怒ってたのかな?
「かみさままま…」というのは、他の神様の事を指していたのかもしれません。
キーメンの時も「乾きの神」って言ってたし、あらゆる神を信仰している、とか?
オーメンが小さな神とパタポンへの憎しみ(プリンセスを愛したかっただkいたたたた)
のあまり悪魔を召喚し、その悪魔がデッタンカーメンであり、
デッタンカーメンがパタポンの先祖を滅亡させた…
…つまり昔っからポンと魔族、悪魔の関わりはあったって事ですね…哀しいです。
これ、負の感情をもって冥界の力に頼る人が居る限り、
同じストーリーの無限ループじゃないですか?

あ、これ全部勝手に妄想してる事なので信じないでね?頭おかしくなっちゃうよ?

ああ、最後に言いたい事。ブラックほしポン、逃げちゃいました…すっごく殺したかったのに…!
ズガガング改良されすぎです。でかいよ。でも、ヒーローにムテッペキをやらせてたお陰で
楽に勝てました。でもムテッペキに頼ってるとパラゲトだと時間内にクリアできないんだろうな…
他のクラスのヒーローモードの攻撃力あってこそのポン2みたいなものだもんね…

とりあえずポンにいえる事。
【実はふか~い感動できる物語。】見た目で判断したら勿体無いですよ。
友達もはまったようで、体験版を20時間やっているようです。
その勢いで製品版を買うんだ。体験版で満足してはいけない。ポンの世界の深さを堪能するんだ。
体験版では冥界のめの字も出ませんから、シリアス感ゼロなんですよね勿体無い。

次は体験版から引継ぎをして始めます。頑張るぞー!


クリア時間:約16時間

拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする: