忍者ブログ

めかポリス

パタポンの神様の一人、セノンが思いっきり神様視点で綴る気紛れ日記。  擬人化、ネタバレ等も平気でかくので閲覧には注意して下さい。

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログ内検索

カウンター

最新CM

[01/19 ぴこポン]
[01/19 ゆめ]
[01/15 ぴこポン]
[01/13 ゆめ]
[01/13 ぴこポン]

プロフィール

HN:
セノン
性別:
女性
自己紹介:
 iPodは常備の音楽大好き野郎。
イラストは無駄に擬人化が多い。
擬人化を始めたのはメテオスがきっかけ。とりあえず大学生。
描いては消しているので消しゴムのカスの量は誰にも負けないらしい。
SFやら機械が大好き。
故にろぼポン大好き。

 基本的に攻撃防御回復補助何でも御座れ。ただしミスもする。神様だって間違いはあるさ。

[56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49]  [48]  [47]  [46

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

△△□○【逃げ切れないなら防御防御】

んん。やっと大食いさんも登場です。なかなか良い展開にもなってきてますね。
というか、あの、何だか3発売してから訪問者数が増えて。
……妙なプレッシャー…じゃなくて、「見てくれる人が居るなら今日も書こう」という
気分にね。ちょっとなるんですよ。というわけで、今回もプレイ記書いていきます。

昨日と今日は主にレベル上げだったので、そんなに進められてないんですが。

ドラッグどうぞ。

まずは昨日のお話を。
タンクを地道に育てていきます。

CA4U9FDU.jpg

 





とりあえず、タンクもCCも、究極種の皆さんというか、全員出します。長かったです。
あの暗殺士さんは、前々から気になっていたので使ってみたのですけど、
ヒーロー技がちょっと癖強くて、ぶっちゃけ技はオマケみたいな感じだなあと
思います。タメ攻撃自体はかなりダメージ稼げるので、
やろうとすると勝手にドトンシャドー発動するんですが、…捕まえたらラッキーという程度で。
技の使い勝手はともかく、影で相手を縛り付けて滅多刺しにするあのビジュアルが
物凄いと思うんですよ。毛皮に毒仕込んだりとか流石暗殺士だなあと感心しますよ(笑)
「ボコッボコッ」て音がしている最中はドトンシャドーは発動しています。
いつの間にか相手を捕まえて斬りに行く事もあるので、知らなかった時は吃驚します。
「いつ捕まえたんだ!?」という感じで……;きばデスをたたっ斬った時は驚きました。
CADLAE81.jpg
←うおお。やべえはええ。
 超接近状態から逃げるのも得意ですよ!


意外と防御面は脆い面もあるので注意!対策しなけりゃ良く凍るし、良く燃える。
しかも大事な時に。(苦笑)ドッコンジョでの大逆転に成功した時は、微妙に嬉しい。

というわけで、今日の話に移ります。
レベルを安定させた後、誠実の邪悪に挑む!!武器もレベルも安定している
ウォーヤリで乗り込みます。進むと、いきなりジャムッシュタイプのめがデス?が。
炎の音玉で攻撃してくるのですがんなもん知るかという感じでサンレンコーで反撃。
一撃で倒します。でもそんな物より気になるのが、その後ろの、キノコ。
CAJVJLB4.jpg




わわわ、マタンゴさんじゃないですかっ!!2と同じように岩を投げてきますが、
そんなに気にしなくて大丈夫。ジャムッシュの毒で一気に削ります。
案外簡単に倒せちゃうところがサミシイ。
そうそう、状態異常特化だと睨んでいた、二つ重なったような笛。
あれは【連笛】というそうですね。15くらいにならないと装備できないのですが、
毒や眠りなどに特化していて、かなりウザったい事間違いなし★
威力はそりゃ、微妙ですけど毒でチャラですねっ!!← 勿論炎の音玉も発射できますよ!!

ん?マタンゴ倒したらこの階は終わりか。何か楽だった。
この下の階は、トレントさんとファイアサラマンダー?と呼んでおこう。
…が居ます。最後にはデストレントも居るので、コイヨザザーは持っていかないように!!
私は最初持って行ってしまっていたので、一時撤退。
コイヨザザーやスイギョ(スイギョギョ)の分を、他のセットスキルで埋めましょう。

何だか階の最初に看板が意味ありげなことを喋ってるぞ。しかも、前には床スイッチが。
進まなきゃいけないので、とりあえず踏みます。

踏むと、階の最後に鍵が現れ、しかもタイマーが動き出します!!
え、何!?時間内にクリアしろって事!?
むむむ。トレントが居る中でこれはちょっとキツイぞ。
仕方がないのでガシガシ攻撃します。ウォーヤリの長槍をなめるなッ!
と言わんばかりにガシガシ突きます。勿論防御する時はちゃんとして。
デストレントも、同じ様に。雨さえ降ってなければこいつは普通に倒せるはず。
CA7Z4D0G.jpg




2分くらい余裕をもって地下2階?も突破!!体力意外と削られてますね…;
さて、今回のボスは誰かな~。

…………なんか見覚えのある奴が!!
シュクルさんです!!
しかもこの音楽、体験版の憤怒のアイスサラマンダー戦じゃないですか!これは燃えますよ!
催眠ガスには毒の効果もあるので、食らったら即座にドンチャカを!
勿論捕食も顕在なのでしっかりとドンドンするように!
意外とシュクルさん、良く寝るので眠らせられる奴…ジャムッシュやユンプサー、
フェイブルド持ちの奴が居れば少しは安全です。
毒にもかかるので、居ればジャムッシュのスッポアズンもお勧めです!
CA0XJWLX.jpg




クリア…しましたが…;最後の最後にウォーヤリが死にました。
最後の最後にシュクルが怯んで催眠ガスをドバッと…
ごめんねウォーヤリと言いながら、残りのパタポンズでゴールへと進軍します。
CAXHQ923.jpg

←なかなかの好成績。レベルもしっかり上がります。


この流れだと、次はバズズーさん……ですが…

何だか超古代の兵器……みたいな物をダークヒーロー達が狙い始めたようです。
メカほしポンの中にその鍵がある、みたいな事を…言っていたような…気が…
ソナッチとビークスなどなどのその会話を盗み聞きしたフィーナは健気にも
ヒーローにその事実を教えてくれます。

しかし何だか、邪悪を裏切るような行動をとるとダークヒーローに身体的な苦痛が出るようですね。
頭が痛い、熱が出る、足が動かないなどなど。
「やだ…あたし死んじゃうのかな……」とも言ってくれちゃうフィーナ。
そんなヤバイ様子のフィーナにヒーローも「おい…フィーナ!?しっかりしろ!」
何だか良い雰囲気になってしまってますが。其処にバズズーが現れ、
「邪悪を裏切ればただでは済むまい」みたいな事を呟いた後
ヒーローとの戦いを宣言。ファンギルも登場し、「あたし死んじゃうのかな」発言に
「俺たちがそんな簡単に死ぬかよ!死ぬ方が楽な事だってあるんだぞ!」と叫んだ後
「セノン!お前はとっとと帰れ!あとは俺が診る……」

……すごーく仲良くなっている気がシマス……;
CAIET2PR.jpg




うおお。蝿だ。乗っているのは駿馬のようです。ずるいぞ!でも盾持ってないから良いのか。
とりあえず矛がダボーチンなのは判る。

砂漠のステージでは、コイヨザザーで視界を晴らすと良いです。
最初のステージ、雨が降らせられないみたいなステージ名ですがそんな事ありません。
そして此処で【死神】が登場します。ドンチャカを使いながらしっかり攻撃する事!

ウォーヤリのレベルがドンドコ上がってしまったので一旦レベルを揃えてます。
クラスが多いと、楽しいんですがレベル上げが面倒ですよねぇ。
でもレベル上げてる途中にかなり強い装備が手に入ったりします。ふふふ。
他にも途中ですこポンが色々発見してくれるので、しっかり良い武器、手に入ります。
CA2VYYQO.jpg
←危ない危ない。巨人も無事討伐です。



死にそうですけどね…こういう敵相手にはパイケロンのササッタンや
ジャムッシュの状態異常は重宝します。硬い相手にも意外と音玉は通用したりするので
思い出したように連れて行けば良いと思います。
CAIY7TIF.jpg
←え、こいつも?と思いながらもセンチュラと対決。
 ギリギリで倒します。


センチュラからはアストリア+8が手に入りました。やったね!
センチュラは毒噴射による眠り・毒と、その後の突き刺し(即死)のコンボが恐いです。
最初は良いんですが、動作が速くなった後は脅威。
此処もジャムッシュの毒に頑張って貰って討伐。10000くらいは持っていくので有り難いです。
2やってる人は自明ですがセンチュラと戦う時は必ずコイヨザザーをもって行く事!
できる奴は皆持っていった方が良いです。雨が降っていないと攻撃が当たらないので。

そうそう、パイケロンのガマンガーマは、チャリバッサのチームエイドがあれば
効果が強くなります。×1.3から×1.8、そして×2.5へ。なかなか強いです。

次辺りに…手に入れたユニーク武器、書いてみましょうかねえ。
効果が体験版とガラリと変わった武器もあるので。ううん。

拍手[1回]

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする: