忍者ブログ

めかポリス

パタポンの神様の一人、セノンが思いっきり神様視点で綴る気紛れ日記。  擬人化、ネタバレ等も平気でかくので閲覧には注意して下さい。

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログ内検索

カウンター

最新CM

[01/19 ぴこポン]
[01/19 ゆめ]
[01/15 ぴこポン]
[01/13 ゆめ]
[01/13 ぴこポン]

プロフィール

HN:
セノン
性別:
女性
自己紹介:
 iPodは常備の音楽大好き野郎。
イラストは無駄に擬人化が多い。
擬人化を始めたのはメテオスがきっかけ。とりあえず大学生。
描いては消しているので消しゴムのカスの量は誰にも負けないらしい。
SFやら機械が大好き。
故にろぼポン大好き。

 基本的に攻撃防御回復補助何でも御座れ。ただしミスもする。神様だって間違いはあるさ。

[34]  [33]  [32]  [31]  [30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

○○△△【思えば遠くへ】

ちょっとやったらこんなものを手に入れたな報告。

亀盾ガラパゴス

1万年生きたリクガメの甲羅を
加工した頑丈な盾
高い防御性能の反動なのか
不思議な眠気が持ち主を襲う

おいおい、デメリットかよ。まあそれなら巨系もそうですが…
睡眠耐性が-8%くらいになりました。まあ、体験版だと眠らせてくる奴に
会ってないから問題無いんだけど……

さて!

暫く更新せず申し訳無い。
試験中でした!(←

というわけで、何か書きたくて仕方が無いんですがネタもないので、
パタポン購入秘話、「パタポン」について思う事をつらつら書いていきたいと思います。
続きに載せるヨー

何年前だっけ?まあ、3年くらいは前ですね。
「パタポン」が発売して、まあ1,2ヶ月くらい後でしょうか。
僕はいつも御世話になっているイ○ーヨー○ドー(笑)に行きました。
そしていつもの通り、ゲーム売り場に行くわけです。

僕はその時、PSPのゲームをあまり持っていなかったのです、というか1つだったと思う。
というわけで、何か面白そうな物は無いかと思ってふらふらしてたわけです。
ふと、「パタポン」が目に留まりました。

目玉がいっぱい居る。かわいい。

それが第一印象で、ぱっと手にとってみる。
4つのボタンで指示を出そう。
不思議な可愛い生き物パタポンを世界の果てに導こう。

…いかにも、子供向けのようなキャッチフレーズだけれども、何か気になりました。
帰ってネットで調べます。出てきます。
装備するもので見た目が変わる、様々なコマンドを使い分けてステージを進む。

戦略を練るのが好きな僕にとって、これはちょっと嬉しかったです。
あとは、当時(まあ今もかな)カタカナ、ひらがな4文字がタイトルのゲームが
好きだったのです(笑)メテオスとか、ピクミンとか、ルミネスとか、ロコロコとか。
だから、「パタポン」という名前にもそれなりに惹かれたというのもありました。

そして、僕は音楽が好きでした。今はピアノやサックスをやてます。
やてますと言っても今は全然やってないけど。多分指動かないわ。
だから、「コマンド」の概念が「タイコ」である、という事も気に入って。

良く考えないままに次に店に行った時に購入(爆)

CMはまだやってたので、発売してそこまで経ってないです。
タイミング良過ぎだろ自分。
そして今に至ります。
つまりあまり考えてなかったのです。
ですが、その思い切りがあってパタポンを物凄く楽しませて貰いました。

1をクリアして、ゴーンさんの最期に心動き、さそりトンの最期に心動き、
ジゴトン達の必死さに心動き。
面白いと言えばそれまでなんです。
ゴーンさんもさそりトンも、「ばたんきゅー」と死にます。
そこを面白い、と言ってしまえば、それまでなんです。
でも、ゴーンさんは種族を守る為一生懸命戦って、カルマ様に忠誠を誓いながら死にました。
さそりトンは、愛する者の名前と、最後の願いを囁きながら死にました。
カルマ様は、負の感情に呑まれ、種族を守る為に、種族を悪魔に売り渡しました。

グラフィックや音楽のせいもあり、コドモがやると面白いで終わります。
ちょっと大きい人がやるとどうでしょう?
物事に感動し易い人、感情移入が得意な人がやるとどうでしょう?
いきなり、奥深い物語に姿を変えるのです。

無事クリアして、ああ、感動した、と1を置くわけです。
(まあ武具集めに没頭したりはしましたが)
そして、2が発表されるわけです。

僕は正直、2(つまり続編)が出ると聞いて
此処まで心臓が高鳴ったゲームは初めてだと思いました。
最近、ゲームまでもが「ゆとり」と言われる時代(我が家だけか…?)です。
マリオやら、カービィやら、色々やってた僕ですが、最近のはつまんないです。
つまんないというか、何か足りないんですよ。難易度だけじゃなくて。
あれらはスーファミとかが最高潮のような感じが。
でも、パタポンはそういうのじゃなくて、何か…何かが良かったんです。
買って、その後暫くやらなくなっても、(俗に言う飽きという奴でしょうか)
パタポンを衝動買いした事(…)を後悔した事はありませんでした。

そして、2クリアするわけです。
ゴーンさんに心動き(またorz)、ダークヒーローに心動き、
ヒーローに心動き。三神将にも何かを感じました。

マスクを被り記憶をなくして、根本的な理由を持たずに戦う、
そう落ち着いて考えるだけで、何か違う面が見えます。
あのほのぼのとしたグラフィックだけだとどう頑張っても伝わらない物が見えます。
パタポーラ王国でのミッション、心動いた人居るんじゃないですか?居ないなら良いけど←

……逆に、こういうグラフィックだから感動するのかも。
某テイルズとか、サモ○ナ○トとか、所謂「ファンタジックRPG」みたいな、
いかにも「シリアス狙いますよー」みたいな物だと、
結構「きっとコイツ後で死ぬだろうな」とか、「コイツ後で裏切るだろうな」とか
予想できてしまいます。何より僕はそういうのに慣れてしまっています。
あえての「あの」グラフィックだから、何か不思議な感動が伝わるんじゃないかな

あのグラフィックで、このストーリー想像できた人居ますか?ww
感動するしないは別として。吃驚だ!

そして、あのTIPSをみるわけです。
「パタポン達の冒険はまだまだ続くみたいです……」

あの時程、3が出るのを待ち望み続けた事はありません。
今迄では、「あ、あれ続編出るの?へー」という感じでした。
で、3の情報がちらっと出るわけです。

やっぱり心臓が高鳴りました。
パタポンという単語を知っている人にメールを送りました。(本当です。被害者ゴメンネ☆)
β体験版を起動する時、やはり心臓鳴ります。(笑)
ああ、この盛り上がりだよ。この、どんちゃん騒ぎな広がりのある音楽だよ。
パタポンをずっとやり続けてきて、素直にストーリーに感動してきた僕なので、
3も絶対楽しい筈だ、と毎日思い返しています。

コドモがやれば、楽しくカワイイ物語に。
オトナ(まで行かなくて良いけど)がやれば、奥深い物語に。

この微妙なバランスも、パタポンの魅力だと思います。


さて、そういう事もあり、パタポンは大好きなのさ。
結局言いたいのはそれだけなのさ。

というわけで出るのを心臓鳴らしながら待ってるさ!



兄(笑)がツイッターでパタポンのディレクターとお話したらしいよ。
ワタシは女神ですよ女神。ふふ

拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする: