忍者ブログ

めかポリス

パタポンの神様の一人、セノンが思いっきり神様視点で綴る気紛れ日記。  擬人化、ネタバレ等も平気でかくので閲覧には注意して下さい。

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログ内検索

カウンター

最新CM

[01/19 ぴこポン]
[01/19 ゆめ]
[01/15 ぴこポン]
[01/13 ゆめ]
[01/13 ぴこポン]

プロフィール

HN:
セノン
性別:
女性
自己紹介:
 iPodは常備の音楽大好き野郎。
イラストは無駄に擬人化が多い。
擬人化を始めたのはメテオスがきっかけ。とりあえず大学生。
描いては消しているので消しゴムのカスの量は誰にも負けないらしい。
SFやら機械が大好き。
故にろぼポン大好き。

 基本的に攻撃防御回復補助何でも御座れ。ただしミスもする。神様だって間違いはあるさ。

[51]  [50]  [49]  [48]  [47]  [46]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

△△□○【そろそろ崩壊してきた】

擬人化注意。

4.gif





さて、そろそろ絵が崩壊してきましたよ。←

今回は、ガーディラさんです。皆大好きなガーディラです。
体験版では、こいつ無しでは、憤怒はクリアできないと言っても良いほど!
製品版では、…多分、貫通してくる攻撃が多くなると思うので、需要はちょっと落ち着くかもね。
…デカイドーンって、貫通攻撃防御できるの?対戦ミッションやった事無いから判らない…
ダレカオシエテ←

前の記事を見れば判るとおり、私は結構自分からガーディラをやっていました。
「何だ、大盾いねえな。ならやろう」みたいな感じで。
とりあえず今回は鏡大盾エイギス。+1なので全然使ってませんが、デザインはとても好きです。
鏡という事を利用して文字を反転させてみたり、ちょっと遊び心が入ってます。
実際に、反転すると普通の文字になります。
でも、反転しない事をお勧めする。エイギスのバランスが最悪である事が発覚するので。←
何?既に判っているデス~…だと!?

ガーディラは、結構前から擬人化、描いてました。何回も。
愛情があったからでしょうね(笑)でも、こう公の場に出す物だと
何回も描いている奴程崩壊するという何か。ううん。ごめんねガーディラ。
にしても、大盾って、本当に描こうと思うと、でかいなあ……身長よりでかいわけだし…
そうじゃないと守れないし……;でもこれ、身長ギリギリな感じだよね…
今迄は、大盾は描いていなかったので、そこは初の試み。
性格は大らかで懐が広い、(意味同じか?)凄く『良い』人。でも怒る時は怒る。
他のイケイケなうるさいヒーローの制止役。重要ポジション。
多分象徴の美徳は【不屈】か【寛大】だと思われる。

ガーディラ:「不屈だと、丁度カラパシと対になるよね。」

そうだね。死にそうになっても、何が起きても、守る事に全てを捧げるナイスな人。
自分を犠牲にして他を守るグレイトな人。縁の下の力持ち。
居なくなった時にその重要さが判るであろう。
きばデスやアイスサラマンダーと交戦してる時に死ぬと
他は超必死。

ガーディラ:「俺が死んだ後に直ぐに皆死んじゃった時は…かなりツライ…よね…」

Σ死んだとか言わないの!一応ヒーローは不滅だよ!
……でも、何だろう?シルバーが死ぬと死ぬのかな?
ダークヒーローは邪悪が死ぬと死ぬのかな……?
……でも、シルバーが、邪悪は死なないって言ってたしなあ……
最後まで死なないのかな、あいつらは……

ダークヒーローそれぞれが、結局誰なのか、っていうのは結構気になっている……し……

……ビークスと、フィーナは……「あの人」と「あの人」だったみたいだし…
ネタバレめぇ……←

ガーディラ:「?」

。○(そういえばこいつ記憶無いんだよなぁ……どうなるんだろう……
   思い出したら思い出したで何か精神に異常をきたしそう、というか……;)

ううん。ストーリー、気になります。どう展開して、どの事実がどこに影響していくのか、とか…
でも、もうそろそろになってきましたよ!!あと4日です!!
ワキワキ!!

ガーディラ:「製品版の俺と握手!!」

Σ何そのテンション!?

拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする: